トップスはゆるっとしても大きすぎずだらしなくないのがいい

   2016/12/27

ゆるトップス、文字通りダボッとした感じのトップスのことです。

身体のラインを隠してくれるうえに、服のサイズとの対比で華奢に見せてくれます。

アラフィフのファッションとして、チェックしておいたほうが良いと思いませんか。



スポンサードリンク↓


ゆるカジ、ゆるカワなど、ゆるいスタイルが流行るのもうなずけます。

80年代に流行ったDCブランドも身体の線を出さない、ゆったりサイズのものがありましたが、あの頃は……

肩パッドがすごかった~

今のゆるトップスは肩が落ちるデザインなので、女らしい優しいラインが出ますね。

しかし、問題はその「ゆる具合」。

一体どこまでゆるくてもいいのか。

画像の女性は、下に着たキャミソールの肩紐が見えています。

というか、見せています。

若い人はこれでいいかもしれませんが、我々アラフィフがこれをやると、単なるだらしない人になりませんか?

単なるだらしない人

やっぱりゆるすぎるのはNG

かといって、ちょっと大きめぐらいのサイズ感だと、むしろ太ってみえます。

むしろ太ってみえます

イメージとしては、ワンサイズではなく、ツーサイズ上ぐらい。

Mの人がLLを着る感じかな。

もっとも、ゆるく着るために作られたものだと、MでもLLくらいの身幅があるものもありますが…

アラフィフが着るならこんな感じかな。

アラフィフが着るならこんな感じ

ゆるっとしているけど、大きすぎずだらしなくない。

袖が短いのに袖ぐりが大きすぎて、腕をあげるとワキの下からインナーまで、丸見えのものもありますが、あれはいけません。

その点、このトップスは袖も短すぎず、いい感じです。

シンプルなのでアクセサリーも、映えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。