基調となっている青と茶色がミックスされたスカートが全体をなじませている

 

アラフィフ、ストールを使いこなす

アラフィフファッションとしてのストールを論考してみましょう。

ストールは大変便利なファッション小物。

紫外線対策、冷房対策としての実用的な使い方もあるし、差し色としても使えます。

ということで、今日のお題は「ストール」です。

スポンサードリンク↓


首と手を見れば、その人のおおよその年齢がわかると言われますが、その意味でも首を隠してくれるストールは、アラフィフにとっては欠かせません。

いろいろな巻き方があるようですが、片方を長めに残してぐるりと首を一周する、エディター巻きをいつもなおみはしています。

エディター巻き

この人もエディター巻きのようですね。

エメラルドグリーンのトップスに、ライム色のストールがお似合いです。

首からかけているだけ

この人は首からかけているだけです。

黒の上下にグレーのストールで、無難にまとまっています。

みなさんいろいろなストールを持っていますね。

そんな中、今日見つけた素敵な人は冒頭の画像の人。

ストール使いがこなれています

これは何巻きというんでしょうね。

ストール使いがこなれています。

この人のコーディネートは、すごくたくさんの色が使われているのですが、全体的にまとまっています。

基調となっているのが青と茶色で、この2色がミックスされたスカートが、全体をなじませているのかなと思います。

ストールは画像ではわかりにくいのですが、単色のものではなく、青とグレーがミックスされた、変わり織りのもののようです。

おしゃれしてきました!

という頑張り感はなく、普段着を合わせているんだろうけど、

なんだか素敵よね

という感じ。

見習いたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。