ロングスカート対決!アラフィフはどちらを選ぶ?

   2017/03/31

ロングスカート対決

ロングスカート対決とは、何とも大仰なタイトルになってしまいましたが、ロングスカートはアラフィフも履きやすいですよね。

きっと、アラフィフ主婦のみなさんも、いろいろな場面で履かれているのではないかと思います。

でも、それ、何でもいいというわけにはいかないのです。

アラフィフならどちらを選ぶかで、そのセンスが明暗を分けてしまうのです。



スポンサードリンク↓


ロングスカート、いいですね。

私は若いときからスカートはひざ上のミニか、ふくらはぎの隠れるロングを好んで履いています。

膝丈のスカートは仕事用のスーツだけです。

背が低いので、脚を中途半端な位置で分断するスカート丈は、避けたほうがよいと思っているからです。

でもアラフィフ、いえ、アラフォーぐらいから、

膝を出すのはやめました!!

唯一の例外が、冬用のウールのミニタイトです。

これは厚手のタイツを合わせて履くので膝が見えないし、ツイードのジャケットと合わせるのに、ちょうどよいバランスなので、ミニだけどクローゼットに残してあります。

さてこちらは仲良し(?)二人組。

どちらもロングスカートです。

女二人連れ

それにしても、女二人連れって、

どうしてこう似た服装になるんでしょう?

アラフィフの夏の帽子はストローハット!
白パンツ、着こなしのポイント!

それはともかくとして、同じロングスカートでも、雰囲気はまったく違います。

左の人は、白のトップスにカーキのロングギャザースカート。

右の人は、ネイビーのトップスにプリントのロングタイト。

バッグはどちらも白ですね。

足元は左の人がブラウンのサンダル、右の人は白のミュール。

アラフィフが真似するなら、やっぱり右かな。

大人っぽいし、スラリと見えます。

同じような身長で、同じように痩せているのに、左の人はスラリ感がないんですよね。

不思議

スカートだってボリューム抑え気味だし、それなりに落ち感もあるし、サンダルのヒールだって右よりは高いし、なんといっても、左はトップスをインに着ています。

つまりウエスト位置が高い。

それでもそうは見えないのは、右のトップスがコンパクトで、徹底的に縦のラインを強調しているからではないかしら。

上下が同系色なのも効果ありですね。

でもこれ真似する人は、ヒップラインに注意ですよ。

お尻のかたちに自信のない人は暑くてもガードルなどで、整えてから履きましょう。

間違っても下着のラインが目立つことのないようにしましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。