アラフィフ、ロングスカートを潔くウエストの位置を見せると隠すよりも逆にほっそり見える

 

アラフィフ、ロングスカートの着こなし

アラフィフのロングスカートファッション、どう思いますか。

いいんだけど、ちょっと太めに見えてしまうかも、なんて心配しているアナタ。

そうとは限らないんですよ。

要は、スリムに見えれば良いわけですよね。

今日のお題は「スリムに見えるロングスカートの着こなし」です。


スポンサードリンク↓


2つの画像を見比べてみましょう。

白のトップスに煉瓦色のロングスカート

仮に上の画像をAさん、下の画像をBさんと呼びます。

どうですか?

Bさんのほうが素敵じゃないですか?

どっちも白のトップスに煉瓦色のロングスカート。

ま、Aさんのスカートにはプリントがありますが、そのへんは目をつぶって…

一体何が違うのでしょうか。

Bさんのほうがほっそりしてるから?

いえいえ、後ろから拝見すると…

ストレートのシルエット

それほどの違いがあるとは思えません。

どこがどう違うと、こんなに印象が変わるのか。

詳しく見ていくと…

Aさんのスカートはふんわり広がるギャザースカート。

Bさんのスカートはストレートのシルエット。

Aさんのトップスはゆったりしたカットソー。

Bさんのトップスはブラウス。

そしてAさんはトップスをオーバーに、Bさんはスカートのインにしています。

これらの違いから、Aさんは肩甲骨のあたりまでしか身体のラインがわかりませんが、Bさんはヒップとウエストのラインがはっきりしています。

このためAさんはゆるっとふわっとした印象で、Bさんは背筋の伸びたタイトな印象になるのでしょう。

お腹のあたりのお肉が気になるアラフィフにとって、トップスをインに着こなすのは勇気が入りますが、Bさんのように潔くウエストの位置を見せるようにすれば、隠すよりも逆にほっそり見えるのですね。

それにBさんのスカート選びも正解です。

柔らかな落ち感のあるストレートのロングスカート。

ヒップがジャストフィットなので下着のラインには注意ですが、すらりと見えます。

ということで、細く見せたいならロングスカートはストレートシルエットを。

トップスはインに着る!

無理ならせめてコンパクトにまとめる!

まあ、Bさんは帽子もポイント高しですね。

白と煉瓦色でコントラストの強い組み合わせが、帽子のナチュラルなベージュで中和されています。

素敵な着こなし、勉強になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。