レギパンのテッパンコーデはこれ!

   2017/03/31

レギパン

レギパン、よく見かけますね。

着ていて楽だし、動きやすいし、何よりも脚を細く長く見せてくれるレギパン、ヘビロテアイテムにしてる人も多いと思います。

アラフィフだって気になります。

そのためかどうか、『花柄レギパンのコーディネート』が好評なので、今回はレギパン第二弾。

誰が着てもキレイに見える、レギパンの鉄板コーデを考えてみたいと思います。



スポンサードリンク↓


画像の人、短めトップスとチェックのレギパンのコーディネートです。

トップスは今流行りの背中にポイントのあるデザイン。

バックシャン」というやつですね。

当然、人は背中のこの部分に注目します。

そしてそのまま、ヒップのほうへ視線が流れることになるでしょう。

ですから、お尻のかたちのいい人はこれでいいんですが、ヒップラインを見せたくない人は、もう少しトップスの丈は長めのほうがいいですね。

こちらの人は、お尻が隠れる長さの白シャツに、チェックのレギパンです。

悪くはないんですが、面白みもない

別にこれでも悪くはないんですが、面白みもない感じ。

おしゃれ心がまったく感じられないわけです。

短くても長くてもなんだかんだと文句ばかりたれている私ですが、これはイイ!!と思ったのがこの人。

理想のコーディネートにドンピシャ

レギパンはタイトなシルエットですから、トップスはボリュームのあるもののほうがいいのだろうと思ってはいたのですが、私が考える理想のコーディネートに、ドンピシャの人がいるなんて…

レギパンは花柄、あるいはプリントもので、トップスはおそらくドルマンスリーブゆったりめのブラウス「カットソー」です。

ぎりぎりお尻が隠れる長さ。

バッグも黒とオフホワイトのバイカラーなので、重すぎません。

これ黒一色だったらちょっと暑苦しかったかな。

レギパンの丈感もふくらはぎより下で、脚が細く見える位置ですね。

このコーディネートだったら、アラフィフでもぽっちゃりさんでも、お尻ぺっちゃりさんでも寸胴さんでも、素敵に見えること請け合い!
これぞテッパンコーデではないかと思います。

今まで、レギパンというと、チュニックばかり合わせてきましたが、このぐらいのちょい長めトップスのほうがスッキリしてていいですね。
今度からはこれをお手本にしようっと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。