3色がうまい具合に離れた位置にあるので非常にバランスのとれたスタイル

   2016/12/21

年をとったらきれいな色を着ましょう

アラフィフのファッションにとって、きれい色コーディネートとはどのようなものでしょうか。

よく、年をとったらきれいな色を着ましょうといいます。

肌がくすんでくるので、にごったような暗い色だと、顔がきれいに見えなくなることと、きれいな色だと気分もあがるから、というのがその理由のようです。

でも

でもですよ……

普段きれいな色を着慣れていない人が、やみくもにきれいな色を身につけると、チグハグなことになりがちです。

ということで、今回はきれいな色のコーディネートとは、どのようなものかお手本をご紹介します。



スポンサードリンク↓


トップスとバッグのカーネーションピンクの色が見事に同じ

この人、トップスとバッグのカーネーションピンクの色が見事に同じです。

ボトムスはうぐいす色のカラーパンツ。

バッグは白と緑、薄緑のモンテスラのような模様入りなので、その色ともリンクしています。

トップスは切り替えのデザインになっていて、上はカーネーションピンク、下は白とグレーのストライプです。

もちろん、この白はバッグの白と同じです。

つまり、カラーコーディネートのルールに従って、3色以上は使われていないのです。

唯一の例外が靴ですが、ベージュなので肌の色と同化しています。

ストライプのグレーはほんのわずかなので、ほとんど気になりません。

そしてこの3色がうまい具合に離れた位置にあるので、非常にバランスのとれたスタイルになっています。

やっぱりきれいな色を着るからには、きれいな色同士でコーディネートしないと、全身きれいにならないんですねえ。

このカーネーションピンク、残念ながら私は似合わないのですが、別の色できれいなコーディネート、工夫してみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。