気のおけないお友達とのランチや美術館などに行くときに着て行きたい服

 

アラフィフも着てみたいカットワークレース

アラフィフファッションとして、カットワークレース素材を使えるか、というテーマについて論考してみたいと思います。

カットワークレース。

単にカットワークと呼ぶこともあります。

カットワークレースとは布レース素材の一種です。

布に刺繍をほどこし、その内側を切り抜いてレース模様を作ったものです。

つまり、切り抜かれた部分は「穴」になっているので、その部分が透けて、下地の色によってはレース模様が浮かび上がります。

服に用いられるときは、裾や袖口にあしらわれることが多いのですが、身頃全体がカットワークレースで、あえて透け感を楽しむ服もあるようです。


スポンサードリンク↓


たとえば、冒頭の画像の人がそうです。

大きめの花模様が身頃に刺繍

大きめの花模様が身頃に刺繍されていて、その間が透けています。

下には黒っぽいキャミソール(?)を着ているのか、模様が浮かび上がってみえます。

涼しげで、いやらしくない程度の色気があります。

次はこの人。

着ている黒のブラウスは、胸の部分が切り替えになっていて、裾に向かってふんわり広がるデザインです。

全体に刺繍がほどこされています。

裾と袖口の部分は、スカラップレースのようです。

ボトムのジーンズがわずかに透けて見えるのは、カットワークレースだからではなく、布そのものが透け感のある薄い素材なのかもしれません。

いずれにしても、刺繍のある服というのは、立体感があり、上品な感じがします。

気のおけないお友達とのランチや、美術館などに行くときに着て行きたい服です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。