デニムスカートと一口に言っても色の濃淡だけでこれだけ印象が変わる

 

アラフィフ、デニムスカート

アラフィフに限らず、デニムのスカートは年代問わず人気のようです。

ジーンズ同様、合わせるトップスを選ばないので、着こなしの幅が広がるからでしょうか。

とくに今年はデニムが流行なんだとか。

アラフィフ主婦のファッションとして、デニムスカートはどうなんでしょうか。

それを論考するのが今回のテーマです。



スポンサードリンク↓


しかし、私なおみはデニムのスカートを、1枚も持っていません。

理由は、生足を出したくないから。

デニムのスカートにストッキングなんて、履きたくないですからね。

でも、この画像みたいなロングタイトなら、クロップドパンツを履く感覚で履けそうに思います。

画像の人は、フューシャピンクのシャツと合わせて、きれいに着こなしていますね。

アラフィフのファッションとしても見習いたいところです。

デニムスカートも、濃いインディゴブルーでシャツの色とマッチしています。

一方、こちらもデニムスカート。

デニムスカート

薄めのユーズドデニムに、トップスは薄いピンク色です。

うーん

色のせいなのか、上の画像の人ほど、素敵に見えないんですよね。

スタイルも寸胴っぽく見えます。

トップスをインに着るか、オーバーに着るかの違いかと思いましたが、この人はオーバーなのにスラリ。

デニムスカートオーバーなのにスラリ

デニムスカートではありませんが、ロングのストレートスカートです。

よくよく見比べてみると、下の画像の人は、Iラインのシルエットなんですね。

一方、薄ピンクの人はわずかにウエストが絞られているし、肩幅もしっかりあってIラインになっていません。

しかも、斜めがけバッグのせいで視線が分断されてしまっています。

太っているわけではないので、着こなし次第で、もっとスッキリした感じになるはず。

まずシャツはスカートのインにして、斜めがけバッグはせめてショルダーに。

そして一番の問題は……

足元

この靴下はいけません。

スカートの丈がくるぶしあたりまであるので、できればヒールのある靴で、もちろん靴下はなしで、足首を見せるといいと思います。

それにしても、デニムスカートと一口に言っても、色の濃淡だけでこれだけ印象が変わるんですね。

流行とあれば、お店にはいろいろなデニムアイテムが並んでいるはず。

試着を繰り返してじっくり鏡と相談しながら、お気に入りの1本を探してみたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。