頑張りすぎず無理感のないイタくない、でもちょっとおしゃれで小奇麗に

 

アラフィフのブラウスはディテールに女らしさを!

アラフィフファッション。今日はブラウスの話です。

ディテールに女らしさを!というテーマです。

トップスに何を合わせるか。

会社に行くときは別ですよ。

家族で出かけるときとか、ちょっとそこまでのお買い物とか、普段着で年齢を感じてしまうのがアラフィフです。



スポンサードリンク↓


頑張りすぎず、無理感のない、イタくない、でもちょっとおしゃれ。ちょっと小奇麗。

そんな普段着コーディネートができたらと、つねづね思っているわけです。

楽なトップスといえばカットソー、もっといえばTシャツですが、デザインによっては身体の線が出てしまうので、体型に自信のないアラフィフは避けたほうがよさそう。

なおみもその一人です。オホン

そんな私が選ぶのはブラウス。

身体の線が出にくく、しかも涼しい。

普段着ですし、汗の季節なので気軽に洗える綿素材。

でもディテールにちょっとだけ女らしさが欲しいのです。

たとえば上の画像の人。

この、袖が広がった感じのブラウス、私も少し厚手の秋冬物を持っていますが、着ていて「ちょっとおしゃれした」実感があって、気分がいいものです。

なにか作業するには邪魔なんですが、この人みたいに七分袖なら問題ないですね。

七分袖

裾の控えめギャザーも、ほどよい可愛らしさをプラスしてくれています。

しかもこのギャザーがあるおかげで体型カバーもできる。

女らしいといっても決して色気のあるスタイルではありません。

でも、アラフィフが女を前面に出した、色気のある服を着るのは特別な夜の外出だけでいいんじゃない?と思います。

普段に着る服はこの人のブラウスみたいに、ほんの少しの女らしさ、可愛らしさのほうが、アラフィフの魅力を出せそうな気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。