帽子のおしゃれ効果、再認識

   2017/03/31

帽子はおしゃれの小道具

帽子はおしゃれの小道具として、大変便利なアイテムです。

もちろん、スッピン対策、紫外線対策、防寒対策と、実用的な役割も担っています。

ただし、いかにも「対策してますよ~」というのは無粋です。

そこで、有用な帽子を、いかにおしゃれに使うか。

それ、可能なんですよ。

何の変哲もないシンプルなコーディネートが、帽子ひとつでハッとするほど素敵になることだってあります。

というわけで、今回は帽子のおしゃれ効果について徹底的に論考してみます。



スポンサードリンク↓


まず最初の画像から。

中折れ帽

この人の帽子のように、頭頂部の中央部分が折り込まれている帽子を、中折れ帽、ないしは中折れハットというそうです。

トップスは白いオーバーシャツ。

インナーのボーダーが透けています。

ボトムスはスキニーのデニム。

足元はドットのフラットシューズです。

ありがちなコーディネートですが、ブラウンのバッグと帽子が全体を引き締めていますね。

レモンイエローの帽子

この人は目にも鮮やかなレモンイエローの帽子。

つば広帽というのでしょうか。

つば広帽といえば、「アラフィフの夏の帽子はストローハット!」で、「つば広で、少しつばが下がった帽子をキャベリンといいます」と知ったかぶって書いてしまいましたが、キャベリン(キャペリン)はつば広帽子のことをさすようです。

つまり、つばの向きに関係なく、つばが広ければキャベリンということのようです。

そうなると、この人の帽子もキャベリンですね。

特筆すべきは、この人のコーディネート、グレーのトップスに黒のロングスカート、黒のサンダルといたって地味。

なのにこの帽子ひとつでなんと目立つこと!

全体のバランスの作り方もうまいのですが、やっぱり決め手はこの帽子。

さっきのブラウンの中折れ帽の人もそうですが、もし帽子がなかったら…と想像してみてください。

ありきたりの平凡なスタイルになってしまいますね。

恐るべし帽子の効果。

差し色として、何色も持っておくと、その日の気分で替えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。