ベージュの濃淡のストライプに切り替え部分は白。七分丈レギンスとのバランスもいい

 

アラフィフ、さりげなくバックシャン

アラフィファッション。今日のお題は「バックシャン」です。

バックシャン。「back」(後ろ・背中・背部)という英語と、「schoen」(美しい)というドイツ語が合成された日本語です。

あ、ちょっとややこしかったかな。

それはともかくとして、バックシャンは、後ろ姿のみ美人という意味合いで使われる場合があるのですが、もちろん正面もいいにこしたことはないとなおみは思います。

というより、正面の美があってこそのバックシャンだと思います。

スポンサードリンク↓


背中の部分が切り替えになっていたり、リボンがついていたりして、後ろ姿をおしゃれに見せる服がたくさん出ています。

そうした服を「バックシャンブラウス」とか、「バックシャントップス」とか言うのだそうです。

バックシャンとはずいぶん古い言い回しだと思っていたら、昭和初期に使われた言葉なんだとか。

冒頭の画像の方は、もうなおみの理想です。

ステキですよね。

それはともかくとして、今日気になったのはこの人。

後ろが二重

前から見るとシンプルなシャツなのに、後ろが二重になっています。

ゆったりしたサイズ感がなんとも涼しげです。

気になるお尻のラインも隠してくれます。

こうした後ろにポイントのあるデザインは、切り替え部分の色や素材がまったく違っていて、「ここ見て!」みたいに目立つものもありますが、この方のシャツはベージュの濃淡のストライプに、切り替え部分は白です。

目立たないけど、近くでみると「あら?」と気がつく感じです。

七分丈レギンスとのバランスもいいですね。

ぺたんこ靴も甲の部分にお花がついていて、可愛いです。

アラフィフも流行を取り入れるなら、こんなふうにさりげなく着こなしたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。