白のトップスに足首の見えるパンツ、そしてストローハットの色合わせが成功

   2016/12/19

アラフィフの夏の帽子はストローハット!

アラフィフのファッションには、小物類、中でも帽子の存在は侮れません。

何しろ、アラフィフともなると顔の皮膚もあちこちたるみ、顔の輪郭がシャープでなくなってきます。

そんなときのお助け小物が帽子!

顔まわりの印象を変えてくれますし、今の時期、紫外線対策としても欠かせません。

そこで今日のお題は「ストローハット」。

いわゆる麦わら帽子です。

夏の帽子の代表格ですね。

アラフィフなら覚えていますよね。

『母さん、僕のあの帽子、どうしたんでせうね?』

映画『人間の証明』(1977年)のキャッチフレーズになったことで有名ですが、 西条八十の『ぼくの帽子』がもともとの出処です。

映画では、ストローハットの発音もポイントになりましたね。

それはともかくとして、UVカット加工されている帽子もたくさん売られていますが、やはりかぶったときの涼しさはストローハットが一番。

編み目が風を通すので、帽子の中にこもりがちな熱を放出してくれるからなんだそうです。

まさに湿度の高い日本の夏にうってつけの帽子です。

ストローハットと一口にいってもいろいろな形がありますが、小顔効果を求めるなら、つばが広めのものがいいらしいです。


スポンサードリンク↓


ということで、冒頭の画像は公園で見かけたお2人。

白のトップスに足首の見えるパンツ、ストローハット

仲良しなのか、示し合わせたようにそっくりのスタイル。

どちらも白のトップスに足首の見えるパンツ、そしてストローハット。

こんなふうにつば広で、少しつばが下がった帽子をキャベリンといいます。

つばの広がりがないのでバランスが取りやすい帽子です。

右の方の帽子には、白いリボンがついていて、トップスとの色合わせが成功しています。

足元も白で爽やかです。

左の人の帽子には青い細リボン(テープ?)。

斜めがけバッグの青い色、パンツの青いチェックと青を上手に差し色にしています。

つばの感じからして、柔らかく編んであるストローハットなんでしょうね。

もしかしたら、たためるタイプなのかも。

お次はこの方。

クラウンの部分だけ麦わらで、つばの部分が布帛

クラウンの部分だけ麦わらで、つばの部分が布帛になっています。

しかも後ろのつばが大きくて、紫外線を遮る形状です。

これはつばの部分にドレープが入っているので、もう少しエレガントなスタイルのほうが似合うのでは…

長袖パーカーで手首まで隠して、首元にはストールで、紫外線対策はバッチリなんだけど、色合せといい、なんかチグハグな感じ。

でもこのタイプの帽子は、首の後ろの日焼け防止には便利ですね。

シミがきになるアラフィフは、ひとつ持っていてもいいかもしれません。

今季、なおみが欲しいのは↓のタイプ。

側面にはリボンでもテープでもなく、同じ素材のひもが巻いてあるだけなので、服との色合わせを気にせずに済みます。

手持ちのスカーフやリボンを巻いて、アレンジすることもできそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。